8月 9, 2022 3:53 am
アウディが米国で進める「通学児童の安全性向上」への取り組みとは?
アウディと米国大手トラックメーカーのナビスターが協力し、乗用車とスクールバスの安全性向上を目的とした新プロジェクトに取り組んでいます。「C-V2X(セルラー・ビークル・トゥ・エブリシング)」と呼ばれる通信技術を用いることで、アウディ車両とスクールバスや緊急車両を通信網で結びことで交通事故の削減を目指しています。

アウディが米国で進める「通学児童の安全性向上」への取り組みとは?

アウディと米国大手トラックメーカーのナビスターが協力し、乗用車とスクールバスの安全性向上を目的とした新プロジェクトに取り組んでいます。「C-V2X(セルラー・ビークル・トゥ・エブリシング)」と呼ばれる通信技術を用いることで、アウディ車両とスクールバスや緊急車両を通信網で結びことで交通事故の削減を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。