8月 14, 2022 9:59 pm
元IMFチーフエコノミストのハーバード大教授が警鐘「景気後退入り回避できる可能性は50%未満」
米ハーバード大学教授で国際通貨基金(IMF)元チーフエコノミストのケネス・ロゴフは、インフレ率をパンデミック前の水準まで戻すには、政策金利を4~5%まで引き上げる必要があり、その前に景気後退入りは避けられないと指摘します。

元IMFチーフエコノミストのハーバード大教授が警鐘「景気後退入り回避できる可能性は50%未満」

米ハーバード大学教授で国際通貨基金(IMF)元チーフエコノミストのケネス・ロゴフは、インフレ率をパンデミック前の水準まで戻すには、政策金利を4~5%まで引き上げる必要があり、その前に景気後退入りは避けられないと指摘します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。